【放談住宅 2021/03/14】
『さて。』
家から近い方のユザワヤの、
コットン無地のコーナーにいました。
…作るよ!あのリボン。

「ブロード…ブロード?」
あのリボンさぁ。
「形が変わる」
言い方変えると
「形が崩れる」様子が、ないよね?
あの雷雨に打たれて、
貨車に逃げるシーンで…
くしゃっと、なったっけ???
そうとう、厚い布、使ってる…?
シルクでなく、コットンだろうね。
シルクは濡れると、メンドクサイはず。
やっぱり、コットン?お安いし。
しかし、ブロードだと、形が多分、保てない。
「裏に芯地貼っちゃう?」
なんか、「アイロンで芯地を貼る」って
あの世界に、合わない。
キキのあの服、
お母さんの手縫いのはずだし。

厚い綿の布ったら…
「帆布?」
そんなゴツい布、頭に巻くか???
「えー…チノ?」
チノパンの布で作るって、
なんか…イヤじゃない?

帆布、チノと来たら…
「オックスフォード?」
わかんないけど!
布がないと、話にならない!!
…2m、1,276円で決着。
「本当に、11号の針、
 60番の糸で、行けるの???」
ユザワヤは、行けると行っているので、
それを信じましょう。
…念のため、14号の針、探しておこう。

いまのところ。
パターンは起こさずに、
「布に直接、チャコで線を引いて」
裁断しちゃう、つもりです。
…千円ちょっと、だしね。

「たぶん…1m×120cm、余るよ?」
…いっそ、「赤旗」作ろうか???
三辺を1cmの三つ巻にして、
一辺をー、竿が刺さるように、袋にする。
作ったとして…さすがにこの辺では、
外に出せない。
「ご近所皆さん、大先生関係」なんで。

ま、赤旗は置いておいて、
「赤いもの」作りますよ。
「赤いもの」を。
ユザワヤに金を吸われてる気がしますが…
そうとうに含み益が出てるから、
いい、いい。
「うまく、いくんかねぇ…」
神のみぞ知る。
「マルクスのみぞ知る…?」
だから!そっちの赤は!!
「布は、赤いぞ!ついでに糸も!」
あまり布の行方は、
「一応」リボン作ってから、決めます…
(341号)