YouTubeの動画で、
「えー………」っと
思った動画があったので。

「縫いズレ」ね。

ズレる理由は、単純。
「2枚の布を、縫う」場合、
ミシンの送り歯は、
下の布しか、送らない。
そして上の布は、
押さえで、押さえているので、
「送られない」力が、かかる。
なので、そのまま縫ったら、
「布の送り量」が、
上の布と下の布とでは
違いが出てくるので、
最後のところは、ズレます。

まー、動画では、
色々と、がんばっているんだけど。
『待ち針を、適切に打てば
 いいだけの、話じゃないの?』

待ち針を打つ方向は、
縫う方向に対して、直角。
なので、この動画なら、
横方向に、打つ。
この動画であれば…どう打とうかな。
縫い線渡っちゃって、いいから、
布端から1cmのところに、
「待ち針を、打つ」
で…
「待ち針が、押さえの下に行く
 直前で、待ち針を抜く」
この方法なら、待ち針を抜く時に、
縫いズレを起こしていることが、
わかるはず。
かつ、待ち針を打ってあるところは、
布が「ズレようが、ないので」
大きく縫いズレを起こすこと自体が、
かなり減るはずです。

なので…
・縫い線を決める
・待ち針を、打つ
・布を落ち着かせて、
 2枚の布を、一体化させる
・…を、やった上で、直線縫い
「ただ、2枚の布を重ねただけ」
と、
「待ち針打って、落ち着かせて、
 2枚を一体化させた布」
では、待ち針打って一体化させた方が、
「布どうしが、密着するので」
縫いズレ、起こしづらいです。

「待ち針の打ち方」も、
やった方が、いい…?
・まず、両端に打つ
・次に、中央に打つ
・増やしていくなら、
 待ち針と、待ち針の
 「真ん中」に、打つ
待ち針を、何にも考えずに、
端から打っていったら、
その時点で、ズレます。
なので、
「真っ先に、縫い線の両端」
次にズレない場所は?
「真ん中、中央」
待ち針の間隔が広いと思ったら、
真ん中、真ん中…って
打っていけば、いい。

軽い「技」として。
両端に待ち針打ったら、
「布を、縫い線方向に、引っ張る」
2枚の布が、落ち着くべきところに
落ち着くので。
待ち針自体のズレが、減ります。

「待ち針で、すくう量」は、
2~3mmが基本と、されているけど。
布地によっては、
「待ち針跡が、残るので」
そこは、うまーく調整、で。

『基本だと、思ってたんだけどー…』
手縫いでも、待ち針は使うよ?
むしろ…
「形が決まっているものを、縫う」
のであれば、
待ち針を「打たない」こと自体が、
あたしとしては、不自然。

あれ?小学校の家庭科で、
やんなかったっけ?
手芸部だっけ?…忘れた。

『待ち針、メチャ重要です』
お裁縫道具に、
待ち針が、ないのであれば…
「とっとと、買ってこよう!!」
確かに最近は、
布クリップとか、便利なものが
あるんだけど。
布クリップでは、待ち針のように、
「びしっ!」と布を固定することが
できないので。
…やっぱり、待ち針だよね。