【放談住宅 2021/04/20】
「また」寝落ちです。ごめんなさい。

「運針」…和裁の基礎中の、基礎。
右手中指に、指ぬきをはめ、
親指と人差し指で、針を持ち。
針を動かさず、
左手で布を動かして、縫う方法。
「…だったっけ?」
「いきなり暗雲が」
「小学校以来、やってないもん」

Google先生に、
「運針」を尋ねましたところ、
「運針 豊島岡」と、出てくる。
…なんで?
池袋のあの、豊島岡女子学園でしょ?
…あーっ!!

「あの学校は、
 毎朝5分間、運針やるんだ!!」

あれ。なんで「知ってる」んだっけ。
え?小学校のときー。
家庭科の先生か、手芸部の先生から、
「雑談」的に、聞いたような覚えが。
こんな、感じです。


「久々、やってみる?」
いやー、あたしは、
運針の時は、長い針使って、
「皿」の指ぬき使う派、なんだがー。
…まぁ、一応、
セル皮の指ぬきも、使えは、しますが。
針…なんだっけ。
三ノ二とか、そのあたり?
「おぼえて、ない」

「そもそも、あたしの年代でも、
 小学校で、まともな運針は、
 やらないの!!」
指ぬきの使い方は、教わるけど、
「できなくて、OK」
あくまで「シャレ」で、
運針用布使って、やってみたら、
『…できた。』という、覚えが。

「なんとなく。」
ユザワヤやオカダヤで
お買い物しているうちに、
針も、指ぬきも、糸も揃った。
本当は布は「晒」使うんだけど、
…買うと、10mも来ちゃうの。
「そんなに、いらない」
ま、ま、ま、とりあえずは、
そこら辺の布で。

手つき、思い出さないと。
「三十何年ぶり、だからね」
糸、とおさないで、
布と針と、指ぬきだけ、で。
「うわ、怪しい」
ゆっくり、ゆっくり…
針目、揃わなくていいから…
「それっぽくは」できました。
きったない、針目…
『針目はボコボコだけど、
 それっぽく、は』できた。

「ミシン使った、洋裁でも、
 手縫いは、できると、
 アドバンテージ、ですので」
運針、ね。
精神修養に。ひまつぶし、に。
「どっちだよ!!」
「本気じゃ、ないんだもん!!」
時間を見て、上達を夢見て、
挑戦して行きたいかと。

『あっさり、あきらめても、
 それはそれ、で。』
(375号)