【放談住宅 2021/05/12】
Spotify、ごちゃ混ぜが、すごいぞー。
学校合唱に、
大滝詠一のじじぃと、
細野さん、混ぜちゃうのかよ!!

あ。合唱板「翼をください」
あたしの手元の譜面集に、
譜面、あるかなぁ…あった。
あるけど、これ純粋に二部だ。
サビのところだけ、基本、三度で。

「翼をください」ねぇ…
赤い鳥の、名曲です。と言うか、
この曲がなかったら、
赤い鳥は、はばたけなかった。
と言っても過言ではないほど、
重要な曲。
みんな、覚えてるでしょ?
「いまー わたしのー
 ねがーいごとがー
 かなうーなーらばー
 つばーさーがーほしーいー」

ただ、この曲、
赤い鳥は「歌わない」箇所が、
一箇所だけ、ある。
2番の冒頭。
「いま富とか 名誉ならば
 いらないけど 翼がほしい」
赤い鳥は、ココは基本的に歌わずに、
2番は「子供の時 夢見たこと」
から、入る。

『いや。
 富と名誉、いらないとは、
 赤い鳥は絶対に、歌えなかったんだ』

「ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」
赤い鳥は、「翼をください」で、
フォーク部門のグランプリを取った。
グランプリ取ると、
メジャーデビューはもとより、
ヨーロッパ行けちゃうんだからね。
「1969年、に!!」
ちなみにその時、2位で涙をのんだのが…
「オフコース」あの、オフコース。
小田くんがいる、オフコース。
鈴木ヤスが出て行った、オフコース。

そう。
「富と名誉を取りに行った、歌なので」
富と名誉は、赤い鳥にとっては、
欲しいんです!!…たぶん。
ずーっと、ずーっと後になって、
Hi-Fi Set解散間際の頃に、
三人が「いま富とか 名誉ならば
いらないけど 翼がほしい」を歌うと、
あたし周辺では、けっこう話題になった。
「年取って…
 ちがうものが、欲しくなったのかね」
「でも…カネは欲しいんだよね」
「そら、当然でしょう」
「きまぐれ…なのかなぁ」
「たぶん、そうでしょう」

「翼をください」は、中学の時に、
赤い鳥版を、聞き込んじゃったから、さ。
いざ、合唱する時に、
「いま富とか 名誉ならば
 いらないけど 翼がほしい」が
歌えない人が、あたし含めて、数名。
「こどー…あ、まちがえた」
富と名誉は、いるんだ、いるんだ…

「♪ 金もいらなきゃ女もいらぬー
 あたしゃも少し 背が欲しい~
 …いらない。あげる。」
「玉川カルテットで、
 ムリヤリ、落とすな!!」
(387号)