【放談住宅 2021/06/08】
「まずは。
 てきとーに撮影しました、
 写真から」
DSCF1369
「デジカメ、ですね。
 最近、
 スマホのカメラが良くなったので、
 さっぱり売れなく、なりましたが」
「…コレが、なんか変わっとるの?
 見た目ふつうの、デジカメやんか」
「実は、この2台。
 『単三電池2本で、動きます』
 どのくらい前?10年近く、前?
 それなりに需要が、あったんです」

「一般的にデジカメの電池って、
 リチウムイオン電池ですね。
 …すっげー昔は、忘れて、さ」
「まぁ…そうやね」
「旅行に持って行ったと、します。
 …充電器忘れたら、
 淋しいだけ、ですよね」
「ソレ、痛いわー。
 気ぃつけて、気ぃつけて、
 電池使わんように、写真撮るわ」
「そして、案外やらかすこと。
 旅行から、帰ってきました。
 デジカメ、しまいました。
 『リチウムイオン電池、
  入れっぱなしに、しちゃった』
 年単位で、忘れてしまうと。
 …過放電して、バッテリが死んじゃいます。
 フル充電しても、10分くらいしか
 電池が持たないとか、あったでしょ?」
「あれ、そういうことなん?」
「大概、過放電だね。
 なので、あたしは基本的に、
 デジカメの電池は、抜くことにしてる。
 …ほったらかすと、
 デジカメが日付忘れるのが、難点だけど。
 その点、単三電池で動くデジカメなら、
 純粋に、単三電池がダメになるだけ。
 …コンビニで電池買えば、
 まったく問題、ないでしょ?」
「そらそうや。エエことやんか?」
「ところがー…欠点もあるんです。
 どう、がんばっても、
 1.5V+1.5Vの、3Vしか電源が取れない。
 充電式の単三は、定格が1.2Vだから、
 ちょい欠ける。
 瞬発力が、リチウムイオン電池と比べると、
 さっぱり、出ないの。
 何が困るって…フラッシュ。
 単三電池デジカメで、フラッシュつかうと、
 待たされること、案外あります。
 回路設計が、大変になっちゃうんで、
 今では、単三電池で動くデジカメは、
 2番手・3番手メーカーの、
 激安モノしか、なくなっちゃいました」

「この2つは、
 いつ頃の、モノなん?」
「左側、CanonのSX120 ISは、
 2009年発売」
「それは、古いなー…」
「けっこう、このシリーズは、
 長いこと、単三電池で頑張ってて、
 売れ筋でもあったんだけど、ね。
 手ぶれ補正も、しっかりしてるし、
 一眼レフのEOS譲りの、使い勝手。
 そして、
 DIGICという画像処理エンジンが、
 きちんと、採用されているので。
 一眼レフのEOSと、絵の出方が、
 かなり近いんだよね。
 実は。
 ここ1ヶ月くらいの、ブログの写真は、
 このデジカメで、撮ってます」
「えらい古いカメラやけど、
 今でも使えるんかー」
「電池、大切だよね。
 単三電池がある限り、
 故障しなければ、いつまでも使える」
「右側のは?
 新しめやんか?」
「NikonのCOOLPIX L28は、
 2013年発売。
 海外、台湾行くために
 買ったんだよね。
 安いんだコレ。1万ちょっと。
 現地で、電池の心配いらないし、
 安いから、最悪、
 何かあっても、いいかと思って。
 ただー…
 手ぶれ補正が、電子式という方式で、
 今、写っている画像と、
 一瞬前の画像から、演算で合成して、
 手ぶれを補正してるから、
 この部屋でも、フラッシュ使わないと、
 さーっぱり、撮れない。ブレブレ。
 まぁ、『Nikonを持ってみたかった』
 みたいなカメラだな、正直。
 一時は、持ち歩いていたけど、
 今ではもう、使い道に困るなー。
 ばっちり動くんだけど、ね」

「この2台のデジカメと、
 同世代のデジカメで、
 リチウムイオン電池がダメになって、
 どうしようも、なくなってるカメラ。
 案外あると、思うよー。
 バッテリーの入手も、
 古くなって、難しいだろうし。
 …長持ちするのが、
 単三デジカメの、いいところだよね。
 いいところ、なんだけどー。
 みーんな、スマホ持ってるから、
 スマホで写真、撮っちゃうよね。
 iPhone8が、
 えらい綺麗に、写真が撮れるんで、
 びっくりしたもん」
「時代の移り変わり…みたいなもん、か」
「需要と供給で考えると、
 もう需要自体が、ないんだろうね。
 単三電池で動く、デジカメ自体、が」
(399号)