「YouTuberという
 人たちが、いますね。
 あたしはあんまり、
 好きでは、ないんですが」
「まー…人間、
 目立ちたいもん、やろ」
「目立ちたく、なかった!!
 特に、小中学生の頃っ!!」
「ソレ、しゃーないやろ、もう…」
「はい。」

「あのねぇ。
 YouTube、開くじゃん?
 ちょっと興味がある
 動画があると、するじゃん?
 例えば、鉄道っぽいの。
 動画、開くじゃん?
 『みなさんこんにちは。
  何某です。
  今日、僕は…』って、
 しゃべり出すんさ。
 その『言いたいこと』は、
 あたし、
 知っているというパターンが
 多すぎるの!!
 例えば、ね。
 タイトル『2つの「準急梅田行き」』
 サムネイル
 『どちらも「準急梅田行き」
  どちらが先に着く?』」
「なんかソレ、
 俺も知ってそうや」
「動画の上に、マウスカーソルを
 乗せると。
 若干、動画の中身、見れるでしょ?
 …案の定、阪急の宝塚駅。
 『今津線経由の方が、早いよ。
  宝塚線、遠回りだからね』
 どう考えても、これでしょ?」
「それしか、あれへんな。
 コレ、梅田駅で迷った、言うなら
 あるかも知れん…と、思うけど。
 宝塚駅やろ?
 切符買うときに、路線図見た時点で、
 今津線経由の方が早い、と
 気づきそうなもんやもん、なー」
「これを、延々、
 素人のしゃべりで、
 何分も解説されても、
 面白くないでしょ?」
「そらそーや」

「あたし、ね。
 『文字と、音声は、
  受け取り方が、
  まったく、違う』
 と、思ってるの」
「ほー…なんでや?」
「文字って、
 自分のタイミングで、
 読めるでしょ?
 音声は、
 向こうのタイミングに、
 『合わせないと、いけない』
 …タイミング合わないと、
 イライラするよね」
「結構…考えてますねぇ」
「一応。
 ものかきの、つもりなんで」

「そして、動画の作りも、
 肝心の所は、
 最初、隠しておいて。
 中盤で、やっと解説するという
 パターン、多すぎる!!
 いやそれ、知ってるから!!
 実際の映像だけ、
 見せてくれれば、いいっ!!
 そっちの方が、楽しいの!!
 …イライラするよね」
「んー…どうしようも、あれへんな。
 自分、妙なところ、
 妙に詳しいからなー…
 お経とか、あれへんの?」
「あるよ?『浄土宗のお勤め』」
「ソレでも、眺めてなさい」
「ここらへんの、お経はさー。
 菩提寺の、隠居ぶっこいた
 前の住職の読経で
 慣れちゃってるから…
 なーんか、これも違うんだよね」
「ソレを人は、ゼイタクと言う」
「はーい…」