星のかけらの宝箱

Xジェンダー、MtXのブログですがー…最近は、「墨田区民と北関東民ホイホイ」ですー…

カテゴリ: 雑記

【放談住宅 2021/08/05】
ついに、今年の「試験」が、
あ。あ。あ。あ。
2年かかって、受からない単元、
受かる訳が、ない!

…と言うと、怒られますので、
3連休はおとなしく、お勉強です。
しくしく。

そう。ある意味、強制的に、
「頭に、新しいことを、
 しっかり、入れなさい!!」
というのが、
金融業界らしいところ、です。
…FP2級、
ウヤムヤにしておいて、よかった。
(もう3級免除の条件は
 整っちゃった、けど)
IT業界より、キツいかも、知れない。
「知らない、理解していないことは、
 海より広く、深く、
 だだだーっ!と、広がってるので」

「逆に言うと、ね」
常に、新しい知識。
覚えてることは、疑う。って、
意識してないと、いけないと言うか、
「みんな、そうなんだよね」
難関資格持ってる人でも、
人間やっぱり、
「忘れたり、するので」
自分の知識が正しいかどうかは、
常に疑う。そんな世界。
数字は嘘をつかない…と言えど、
「間違いは、あるからね」
これ、怖いです。
0/1/2/3/4/5/6/7/8/9
数字、これしかない。十進数だと。
数字をぱっと、見ただけでは、
「間違えてるかどうか、
 わかんないんだよ、ね」
疑ってかかって、
チェックしないと、いけないのが、
「数字」なんじゃないか…と、
思えても、来たり。

一番「疑う」のは、やっぱり、
自分自身なんじゃないか…と、
あたし、思うんです。
自分を疑い、
思考は常に、新しくする。
理解していること「こそ」
疑って、かかる。
言い方変えると、
「思考という水は、
 常に動かさないと、いけない」
なぜなら。
水はとどまると、腐るから。

『難しい言葉を、
 使うのは、簡単なんです』
使えばいいからね。単純に。
…けど。
難しい言葉は、ぱっと見、
「かっこいい、から」
意味が、正しいかどうか。
読み手にきちんと、伝わるか。
コレ、疑ってかかんないと、
「怖いよ、ね」
自分は鼻高々なのに、
完璧に、
「はだかのおうさま」に、
なるから、ねぇ。こわい。
だから、むしろ、
「平易な言葉だけで、
 難しい世界を、伝える」
ことのほうが、
すごく大切だと、思うんです。

「わかる人には、
 わかっちゃうん、だよね」
ちゃんと意味を理解して、
必要だから、
その言葉を使っているのか。
それとも、
単純に、カッコツケてる、
だけ、なのか。
そうそう。確かに、
「用語」使うと、ラクなんだよね。
一言で、終わるから。
…しかし。
「誤用してたら、
 ただ、恥ずかしいだけ」
怖いんだよぉー…
誰か、ツッコんで!と、
思わなくも、なく。

「いや。
 氷室君、理解してるから、
 大丈夫でしょ?」と、
言われたり、するけど。
『だから、怖い』
影で、笑われている
だけなんじゃないか…と、
つい、思っちゃいます。

まぁ、ただ。
「自分に合ってる」と言えば、
合ってるんだよね。
あたし、
「常に何か、考えてないと、
 死んじゃう」系、なので。
くっだらないこと、こそ、
『考え尽くさないと、
 気が済まない』
ココの、隅っこの、
細かいところ。
理解できてないから、
気になるんだよなぁ…と、
ネットで、調べてみたり、
部署にある本、読んでたり。
だから、
『スマホの中の、大辞泉』は、
あたしにとっては、
パラダイムシフト、だよね。
気になる言葉を、
ちょちょっと入力すれば、
まず、出てくるからね。
「金融用語と、計算の仕方」は、
もう、しょうがない。
覚えて使って、
痛い目を見るしか、ない。
「ソコまで、
 理解して、なかったーっ!!」
「気づいて、よかったねー」
「ほんとです。
 相手がxxさんで、良かったー。
 …軽く教えてもらって、
 いいですか?」
「あ、いいよー」
わかってる人の話って、
怖いよね。
難しい言葉、一切使わないのに、
そのもの、ずばりを、
寸部の狂いもなく、
言い表して、しまうからね。

そして、担当役員が、
「おさんぽ」と称して、
ウチの部署を、ぐるっと回る。
「おつかれさまー!」
「お疲れ様ですー!」
アレもある意味、
本気で、怖い。
「ぜんぶ、お見通しなんだろうな」
と、思ってみたり。

けど。
「こういう世界」を、
見せてくれること自体、
難しいこと、なのに。
『働かせて、くれる』
すごくラッキーだと、
自分でも、思います。
…疲れるけど、ね。

「いろいろ、おさまるまで」
小説からは、
離れてしまうと、思うけど。
この、知らない、
「粒度が、細かく、
 しっかり詰まった、職場」は、
きっと、文章を考えることにも、
役立つだろう…と、
思うとき、あります。
「あっちから、こっちから、
 疑ってかかんないと、
 怖い世界、だからね。
 今の職場、は」

ま。
「寝落ちしてしまう」のは、
お茶目と言うことで、ひとつ。
記事、書きたいんだけど、
疲れちゃってるんですよ。
頭自体、が。

…思考も、回して、
動かしていないと、
「腐る」よ、ね…
「これで、いい」と
思った瞬間が、
一番怖いと、思います。

『気づかされるんですね』
機会が、そろえば。

「やっぱ、ラッキーだよ、
 あたしって」
(428号)

つかれた。ひとやすみ。
お茶飲みながら、
自分のタブレットでーす。
コレ、いいね。
「会社から完全に
 切り離された環境だー!」

んーっと、ね。
また、どこぞを読んでしまって、
「その話は、ちょいと
 飛躍しては、いないかい?」
…と、思ったので。

現代の日本で、ね。
右だ、左だ、と
「すぱーん」と、分けられるのって、
実のところ、
『新左翼くらいで、ないの?』
逆側は、赤尾敏のじいさん、
とっくの昔に、死んじゃったし。
ただ、新左翼も良く見てみれば。
『ひだりって、言えるのかねぇ…』

まぁ。
「日本共産党」が保守に見える、って、
それはいい視点だと思いますよ?
党名も変えず、
しっかりとした綱領を持ち、
きちんと組織化されているのが、
ながーく、続いてますからね。

立憲民主党あたりの綱領、
読んでごらんよー。
「ティッシュ1枚より、
 軽いことしか、書いてないよ?」
まぁ、メンツが、さ。
「どこの残骸なのか」という、
大問題が、あるからね。
永田町なのか。三宅坂なのか。
…55年体制下では、考えられないよね。
この2つからー、
あぶれたんだか、出たんだか、知らないけど。
ひとつに、まとまって、
「政党だ!」って、言ってるんだから。

なので、現状、
日本の野党(共産のぞく)はー。
『非常に、軽い』
だって。
自民の出方を見ながら、
「即座に文句が、つけられるように」
立場なんか、ばしばし、変えるからね。
風見鶏が空を飛ぶほど、軽い。

そして。
リベラルだ、どうだ、の議論は、
あたし個人としては。
日本では、「ムダだ」と
考えています。

だって。だって…
「自由民主党」の英語名称、
[The Liberal Democratic Party of Japan]
…なんだもん。
なので、自民の得意技「丸吞み」は、
特に驚くことでも、なんでも、ない。
(ただ、日本会議あたりを出してくると、
 話がややこしく、なるけどね)

『あんなのが、
 大学の非常勤講師、だったのー?』
あたし最近、
「大学」に幻滅しつつ、あります。

『話は、立派なのだが。
 言ってることが、メチャクチャだ』

【放談住宅 2021/07/28】
最近、ウェアラブル端末、
「スマートウォッチ」というものを
使い始めました。

いや、ねぇ。
夏、家にいる時は、
「極限まで、脱ぐ」
…そうすると、
ポケットとかが、ないんですよ。
「万歩計やら、
 活動量計とか、
 ど、どうやって、つけるの…?」
動いてないのは、わかるんだけど、
「どのくらい、動いてないの…?」

【手首に、巻けばいい】
あー、それは素晴らしい。
寝る時も、つけているので、
睡眠もスマホで、可視化されます。

で。
結構ありがたい機能に、
「一時間座りっぱなしだったら、
 警告を出す」というのが、あります。
確かに、ね。
そろそろ動かないと、最悪、
エコノミークラス症候群に
なりかねないので、ね。

スマートウォッチからの、指令。
「1分間。
 立ち上がって、何かしろ
何かって、何だよぉ!!
ある程度「動かないと」
コイツは納得しないし…むー。

客間に行きまして。
座卓のまわりで…
「スマートウォッチが、納得するまで、
 『すみだ音頭を、踊る』」
ちゃんちゃんちゃんちゃかちゃんちゃ、
「ぱぱん、ぱんっ!」
はい、右!左!

「よいよいよいとさの
 シャンシャンシャン♪」
「びーーー」あ、納得された。
このムービー使って、
思い出しておいて、良かった。

あの、小梅小で、
粟野行く前の、さぁ。
「すみだ音頭
 体育館にて、2時間耐久」のおかげで、
結構おぼえている、もんだね。

そして、現在時点での「歩数」
…1,241歩。
そりゃ、「太る」よねぇ!!
会社行くと、だいたい、
「最低5,000歩は、歩きます」

『本中名物、武田節ぃ?』
アレはそんなに、
うごかない、もんだよ?
全校の男子を並べて、
「その形を、くずさない」ように
考えられているから、ね。

ま。
「おもいつき、にしては、
 案外良かったんじゃ、
 ないでしょうか」
在宅勤務の、座り過ぎに…
「なんらか、踊りを、ひとつ」
(427号)

【放談住宅 2021/07/26】
以前、指揮棒、タクト、ね。
「持ってみないと、
 わかんないね!」という
話はしたと、思うんです。
「上げるには、
 上げる準備しないと、
 上がんない」…とか、ね。
ま、その後、
愛用のタクトは、無事に
「折ったのですが」
ふと、気になることがあり、
タクト出して、しばらく振って、
「なんか、おかしくない?」
手に感じる重さというか、
重心が、おかしい。
「先端、折れてる!!」
残念ながら、愛用のムラマツバトンは、
銀座山野楽器の店頭になかったので、
グラスファイバーに、買い換えました。

「トワリングバトンも、
 実際に持たないと、
 わかんなかったわ!!」
ボールとティップという、
「おもり」が、ある。
…コレがほんとうに、
重要だとは、わかんなかった。

バトンを「回す」と、しまして。
簡単なのは、たぶん、
「8の字」だよね。
バトンを右手に、縦に持って、
上を押し出す時に、
下を右手の右側をとおす。
で、手首を返しつつ、
「向こうに行った、上側」を、
こんどは右手の左側を、とおす。
8の字は、バトン握ったままなので、
まず、落とさない。「たぶん。」

じゃ、こんど、両手使って。
右手にバトン持ちます。
左手、手のひらを上にして、待機。
左手小指側に、バトンを当てて、
「手のひらの上で、
 半回転させて」
人差し指と親指との間で
「縦になるので」
それを、右手の親指と
人差し指の間で、受ける。
で、また、
「手のひらの上で、
 半回転させて」
小指のところで、バトンが縦になるので、
今度は左手で受けて、
左手の上で、半回転。
「くるくるくるくる、
 回していられます」
…慣れれば、ねっ!!
最初マジで、ビビる。

応用で、
「いつか、できるかな?」
と、思っていたのが。
・右手、親指と人差し指で、
 バトンを持つ。
・手首を使って、
 バトンに左回転の力をかける。
 なので、「手の甲は、上」
・慣性の法則により、
 バトンは「回り続けるので」
 そのまま手の甲を、半回転。
・親指と人差し指のところに
 バトンが戻ったら、キャッチ。
完全にバトンから手が離れるので、
半年くらいは、「できないだろう」と
思ってました。
『ゆうべ、偶然、できた』
え!ちょ…ちょ…できた。
「10分後に、
 できなくなったんだけど、ね」

そう。
回転かける時に、
「タダの棒」じゃ、ないんだ。
バトンって。
両端に「おもり」があるから、
適切に回転かけると、
バトンの方が、回ってくれる。
だから、トス、空中に投げる時に、
「回転かける」の、
意味、わかるよね。
「回転かけるから、
 安定、するんです」

「まだ、
 思いっきりトスしたことは、
 ありませんが」
…天井に穴、あけるからね。
体育館、貸してくんねぇかなぁ。
ちゃんと、トスすると、
「ちゃんとしたところ」に、
戻ってくると、思うよ?
だから、
カードキャプターさくら名物、
「さくらがトスしたバトンを、
 頭で受ける」…って、
若干、不思議に思うよね。
「バトンは、
 縦に降ってくるわけじゃ、
 ないから、ね」
回転、かかってるからね。
だから、目線上げてよければ、
適切に、前後に身体、
うごかせるよ、ね???

その他、「指を使って、回す」とか、
回し方、いっぱい、あるんだね!!
YouTubeで、バトン動画見たとき、
「コレして、
 こうやって…こう」みたいに、
何してるんだか、
やっと、わかってきました。

動画だと、高校・大学あたりより、
「小学生の大会」の方が、
マジで、ビビる。
「へ!3本同時トスっ!!
 どうキャッチするの…って、
 キャッチした。すげー…」

ビビりながら、トスしたり…と、
「手の感覚」がついたから、
わかるようになった、気がします。
買って、よかった。
持って、よかった。
「あこがれ」から、少しずつ、
現実になっている…気がします。
IMG_0514
(426号)

【放談住宅 2021/07/24】
むかーしむかし、100年ぐらいむかし。
これは、
運命の扉の向こう側を旅した、
「Windowsタブレット」の物語。
「まーた、
 ナージャ!で、ごまかしてるー…」

あたらしい、おともだちです!!
IMG_0512
「またかよ、あんた!!」
…いや、言いたいことは、わかる。
使う人間は、ひとりしか、いないと。
これは、
「イオシスで、たまに出てきて、
 特価でばらまかれて、
 大量在庫があっても、
 案外あっさり、売り切れる」
Windowsタブレット、
富士通ARROWS Tab Q506/ME…です。
税込み12,800円、だったかな。
「やす。」
キーボードカバー付きだから、
かなり、安いよね。
…日本語Bluetoothキーボード、
結構高いし。
…USBでキーボードつなぐと、
無線でも、「みっともないし」
外装はけっこう、綺麗でーす。
ただし、コンディション"C"なので、
なにかあったら、あきらめよう。

…いや、ねぇ。
あたしが買った、NECのタブレット、
母親がいじったとたん、
「私も欲しい!!」って、言い出したの。
そろそろ在庫ないんじゃねぇの?…と、
ジャンク通りに行ったら…「あった。」
なんか、くやしいよね。
あたしもおもちゃ、欲しいよね。
実はちょうど、
「とあるものが、欲しくなり」
Amazonずーっと、眺めてたの。
これ、「何かで止めないと」
貯金が尽きるまで、
Amazonで買い物しちゃうなー…と。
「じゃ、12,800円で、食い止めよう」

まぁまぁ、この子。
「じゃじゃ馬好き」なら、
結構おもしろいパソコンでして。
CPUが、「あの、悪名高き」
Atomなんです!
すっごく、「トロそう!!」
arrowstab_cpu
そして、ディスクはなんと、
SSDではなく…
eMMC 64GB!
arrowstab_emmc
「容量、ちっさ!!」
…一時、安物パソコンで、
流行った構成、ですね。
Windows10の大規模アップデートが、
けっこう、怖い系。

これは、連れて帰って、びっくりした。
Windows10が…
arrowtab_win_edition
Pro Educationだった!!
いいのかよぉ!!
「まぁ…富士通が、そう構成して、
 どこかの学校に、
 大量納入、したんだろうねぇ…」
これ、
学校教育用の「文教モデル」だし。

しかし。
この値段では、考えられない、
「いいところ」が、ある。
arrowstab_display
「FullHDより、縦にちょっと、
 解像度がこまかい」
NECのタブレットより、
ひとまわり、小さいのに!

では!
電源つないで、行ってみよう!!
…早速、バッテリ残量が少なすぎると、
UEFIが文句言い出した。
いいよぉ!先行っちゃって!!「ぽち。」
あ゛ー、アカウント、作られてる。
パスワードなしで、
デスクトップまで、行っちゃう。
じゃ…
アカウントの作り直しと、削除をやって。
「このへんで、TPMのクリアしないと、
 あとで泣きを見ます」
なんと、TPM2.0、積んでます。
Atomだから、期待してなかった。
ちょい、設定が遠いんで、
ファイル名を指定して実行で、
「tpm.msc」を実行するのが、早いです。

さて、現在のWindows10の、バージョン。
「1511」
古過ぎ。2015年。
ここまで最新バージョンとかけ離れたら、
いったんWindowsUpdateを回し切って、
現在の最新「21H1」の
アップデートツールで、
一気に更新かけたほうが、いいですね。

【それなりに、時間経過】

かかったっちゃー、かかった。
ディスク容量…「えらい、減った」
どうせWindows.oldフォルダでしょー?
んー…
容量的に、そんなでも、なさそうな…
「分母が小さいんだった!!」64GB!
電卓ぽちぽち…
あ。今の使用容量の半分は、
Windows.oldフォルダだ。
「1511」なんて、ふるーいのに
戻っても、嬉しくないので。
ディスクのクリーンアップで、
消しましょう。
「なんとか、なりそうな、
 容量確保、できましたね」

「あけみさん仕様」として、
あたしが普段使うソフトウェアは、
入れ切った。
…フリーウェアばっかり、だけど。
入ったねぇ。
LibreOfficeも、問題なし。
GIMPも、問題なし。
一部、わからないところが
出てきてしまったけど、
「1511」が根っこの、
Pro Education、だからねー。
「コルタナが、使えないらしい」
…使ってないから、どうでも、いい。

が。

ありゃ。ありゃ?
ありゃりゃ。
「液晶に、黒点があるわ」
あー、無理言って、
通電させとけば、良かったぁ?
割れじゃない。
黒点の周辺、ぼやけてる。
傷…でもない。
ライトで照らしても、
表面上は、問題なし。
どうしようかなー…
外装がきれいっぽいの、
もう、店頭になかった。
「あれぇ?」
黒点のうしろに、白を持ってくると、
黒点、薄くなるねぇ…
これ、液晶パネル不良だねぇ…
コンディション"C"だから、
しょうがないね、コレ。
3か月保障の間に、広がるようなら、
保証でお金、返してもらいましょう。
(中古PCの保証は、
 返金対応が、ほとんど、です)

あたしが困った、トラブル。
『Bluetoothマウスの接続が、
 たまに、切れる。
 復活しづらい』
デバイスマネージャ開いて、
表示を「デバイス(接続順)」にして、
Bluetoothマウスまでの、デバイス。
かたっぱしから、
省電力設定を、切る。
…これで多少、落ち着きました。

『使ってみた、感想』
いやー…案外、いい。
値段からしたら、
ムッチャ、いい。
まず、キーボード。
古いから、若干、
チャタリング起こすけど。
「絶対に、熱くならない」
…熱くなるものが、
画面側に、ぜんぶ、あるからね。
タブレットが小さいので、
置き場所すっごく、小さい。
そして「画面がものすごく、綺麗」
細かいから、ね。
1920×1200ドット、あるからね。
「インチキRetina」とか、名づけようか。
そして軽いし、バッテリが長く持つ!
…Atomの唯一の利点だよね。
消費電力がケタ違いに、少ないこと。

『実際Atom、どうなんさ!!』
Atomと言っても、
世代や種類で、案外変わるんだよね。
…性能はCeleronに、
絶対追いつかないんだけど。
「AtomベースのCeleron」だと、
どっこいどっこい???
Webブラウジング、YouTube、
LibreOfficeぽちぽち程度なら、
「ガマンできるくらい」遅い…くらい。
ただ、あくまで、
eMMCやSSDなどの、
「半導体ディスク」を、使ってのこと。
これがHDDなら、
「我慢できないくらい、遅い」
と、思います。

「自分でなんとか、できるひと」
かつ、
「なんとかするのが、すきなひと」
なら、結構楽しいと思います。
タブレットとしても、
かなーり、軽いし。小さいし。
「プラスチックの、板みたい」
もちろん、フル機能の
Windows10が、動きます。
そして、頑丈。丈夫。
「教室の机から、
 落っことすこと、考慮したんだって!」

「今日あたりなら、まだイオシスの在庫、
 間に合うんじゃないの?」
さすがに「きれい目」は、
持ってかれたと、思うけど。

もっとも、ジャンク通り全般で、
Windowsタブレット、
安い傾向にあったけど、ね。
hpのタブレット、5世代目m5に、
キーボードカバーつきで、
19,800円…とか。

…ただ。
すべての方にオススメ、とは
絶対に言えないです。
最初から入っているWindows10が、
本気で古いので、
セキュリティが、怖すぎます。
あと、用途は、
Web見るのと、軽いOfficeあたり「まで。」
それ以上は、本気でムリだと思いまーす。

あと「富士通が、すきなひと」
あたしの20代は、
GS8400と、OSIV/XSPと共に、
あったようなもの、だったからなー…
起動中のFujitsuロゴ、
妙な精神安定効果が、あるかも。
(思いっきり、人によります)

『どんなに 大人になっても
 僕等は Atomの子供さ♪』
…山下達郎も、季節モノ?
クリスマスになると、出てくる的な。
「妙に、凝ったことするのが、
 大好きな人、だけどね」
大瀧詠一のじじぃが死んで、
一番悲しんだの、
案外、達郎かも、知れないなー…
(425号)

【放談住宅 2021/07/22】
中島みゆきを、
ほとんど知らない、あたくし。
ねぇ。
みゆき・ユーミン・
聖子・明菜あたりは、
「ゲイの中では、
 ムチャクチャ人気、だよねぇ」
その中で、みゆきだけ、
「ぽこっ」と、抜け落ちてる感じ。

『中島みゆきとは、
 接点が、なかった』
…と、あたしは結構言ってました。
実際、知ってる曲ったら、
レンタルCDで、70年代とかの
オムニバスに入っている曲…
「わかれうた」とか、
「悪女」…くらい。
あ。
「地上の星」関係はアレ、
中島みゆきファンとしては
どうなん?
で、CD借りたのが、もう、
確か30歳過ぎてたから、
そこから「広げる」にも、
腰が重くて、ねぇ…

『なんとなく、
 思い出しました』
中島みゆきの「時代」だけは、
小学校の時に、知った。
けっこう、好きだった。

土曜9時のテレビで、
「テレビあっとランダム」っていう
情報番組があったのね。
昭和の終わりのテレビだから、
中身が詰まってて、
けっこう、おもしろかった。
その中の、昔の写真を紹介する
コーナーで、
「時代」のメロディが使われてた。
…土曜9時、か。
中学受験の塾は確か、
土日は8時には終わるから、
なんとか、見られたんだ。
オアシスだったん、だろうなぁ…

ただ「メロディ」だから、ね。
まず「時代」という曲名に
たどりつくまで、結構かかった。
「中島みゆき」とわかるまで、も、
結構かかった。
…インターネットって、すごいよね。
『調べよう』が、あるからね。
昭和の終わりじゃ、ないない、ない。

で。
実はあたし、小学校6年の時は、
「手話クラブ」に、いたのよ。
…友だちと、つるんで。
「声を出さずに、
 おしゃべりが、できるんじゃないか?」
という、よこしまな理由により。
…担任の先生に、見事バレて、
あたしと友だちの席は、
「教卓より、前」
黒板目の前まで、動かされましたとさ。

で…小学校だと、なんて言うんだっけ。
学芸会、か。
学芸会で、手話で歌を歌おう、と、
クラブで先生が提案したのね。
…あたしは「時代」がいい、
と、言った。
…んだけど。
「時代」ってゆったりした、曲じゃない?
手話でやると、「間延びする」と
言われてしまい、却下されました。
結局なに、やったんだっけ。

「手話ってすごく、難しくて、ね」
「単語」単位?「意味」単位?
で、手の動きがあるの。
でも、それだと、
「読み・かな」が、伝わらないでしょ?
だから、「指文字」と言って、
50音に、「右手の形」が、振ってあるの。
例えば、「ぬすむ」って、
人差し指曲げて、表すこと、あるでしょ?
…その形が、指文字での「ぬ」
あっ!!

冒頭、むろみさんが、
なんか、やってます。
最後、指を「ひゅっ」とやって、
…水の中へ、かねぇ。
実はここで、むろみさん、
「な・み・う・ち・き・わ・の・
 む・ろ・み・さ・ん」を、
指文字で、やってます。
『確認のために、
 読むのメッチャ、キツかった』
覚えてないから、指文字表使って
読んだから、間に合わないっ!
むろみさん、早いって!!

そして、ある時。
手話クラブの先生が、
「点字タイプライター」を
持ってきてた。
カニタイプ!カニタイプ!

そう。あたし、若干、
「点字」も、打てたんです。
図書館で、教科書と点字器が
セットになってるの、
借りられたんだよね。
カニタイプは、「表裏、逆」に
打たないといけないんだけど、
そもそも、点字器で点字を打つ時は、
表裏逆、だから。
(穴が開いている板に、紙をはさみ、
 金属の棒で、凸を打つから、
 点字器使う時は、表裏逆になる)
「あ!かに!!」
「カニが、わかるんだ。
 氷室君…点字、わかるの?」
「ほんのすこーし、ですけど」
「触っていいよー」
「やったぁ!!」
適当な紙をセットして、
適当に、打ったっけ。

そして、また、
いたずら心を出して。
「タダで自分に、
 郵便、出してみた」
実は、点字郵便物は、
郵送料が、かからないんです。
「今は封の半分、
 切らないで出して、いいの…?」
あたしが送った頃は、
封筒の封をして、
「封を1/3から半分くらい、切って」
切手のところに「盲人用」と
書いて出すと、無料で送れた。
封を切る「理由」なんだけど、
中身が点字「だけ」だ、と、
郵便局で確認できるように、です。
「届いた時、
 けっこう感動、しました」
今は思いっきり、変わってるらしいので、
郵便局でお確かめくださいませ。

…点字プリンタ、今、どうなの?
昔はがたがた、機械的に、
点を打ってたけど。
「熱で膨らむインク」使って、
さっと点字打ってくれるの、
あった、気がする。
そもそも、点字を打つ
「紙」自体が、
専用だった…はず。
「薄い紙だと、点字器で、
 穴、あけちゃうからね」

そして手話、
まったく、覚えてません。
週一回、一時間くらいじゃー、
手話覚えるの、ムリムリ。
…しかも「理由」が
よこしま、だし。

そう。
中島みゆきの「時代」は、
あたしにとっては、
「手話と点字と、
 セット、なんです」
小学校6年生の時の、思い出。
(424号)

そして…現在。
手話を「かじった」ことは、
ひた隠しに、してます。
…特に、会社で。
『やだよ!!』
手話通訳者、
メッチャ、疲れるんだから!!

【放談住宅 2021\07\19】
飾り物じゃ、ないんだし。
目の前に、あるんだし。
「やりますか、バトン」

もうね、基礎中の基礎。
入り口中の入り口。
右手で、
デッドスティックトスー
グラブ。
要は右手で、水平にバトンを投げて、
そのままキャッチ。
「きれいに、水平に、
 トスすることを、意識しましょう」

…場所。場所。
さっきLED蛍光灯に当てちゃって
びっくりした。
部屋の端っこがいいか。
重心…このあたり?
目印巻こうか、迷い中。
ボール(重い方)が左で、
…トスっ!!
「バトンが手から
 離れないんですが」
びびってるー。
びびってるー。
ほっ!ほっ!
トスの高さより、むしろ今は、
確実なキャッチを意識して…
水平にトスするの、
メッチャ難しい。
落とした。
記念すべき一回目。
ほっ!ほっ!
『肩が痛くなって、来たんだけど』
なんかすごい、
運動量あるよ?コレ。

…バトンね。あれでいて。
「金属の、棒なので」
言うこときかない。
おもたい。
『そりゃ、
 小学生女子が、強いわけだ』
あのね。
バレエの子とか、バトンの子とか、
複数名で来られたら…
こわいこわいこわい。
普段ケンカしないから、
奴ら、手加減知らない。

なめてた。
納得できるトスができるまでには、
本気で一か月とか、かかりそう。
…ぜい。…ぜい。
「中年だから…
 明日、動けなくなるから…
 このへん、で…」
バトンの道は、遥かなり。
(423号)

【放談住宅 2021/07/18】
「ふんふんふ~ん」
「バトンはぁ?」
「…つい。うっかり。」
IMG_0511
「なに、パソコン買ってんだよ!!」

「これ、タブレットで、
 えらい安かったの」
「ほー」
「2万4千円ちょい。
 なんと新品未開封で、
 メーカー保証つき!!」
「どうせ、古いんでしょ?」
「それがびっくり。
 2021年3月出荷なんです」
「…現行モデル?」
「ひとつ前、ですね」
「じゃ、トロいとか」
「CPUがCore m3-7Y30で、
 確かにちょいと遅いけど、
 普段使う分には、
 まったく問題なし。
 最初のWindowsUpdateが
 ちょい、キツかった」

「バトンは!バトン!!」
「チャコット新宿店に、行ったんだけど、
 なぜかバトン自体の在庫がなかった。
 あって、20インチと、22インチ。
 お子様用も、お子様用。
 小さすぎたので、やめました」
「計画は、うまく行かないねー」
「そこで、赤羽へすっ飛びまして、
 赤羽の島村楽器で、
 ゼンオンの26インチ、買えました」
「しっかり、買ってやがる…」
「いやぁ、ゼンオンでよかった。
 バトンってケースがめんどくさいの。
 正直、自分でミシン使って
 作るつもりでいたの。
 ゼンオンだと、
 一応ケース入りなんで、
 そこは、ありがたいです」

「新品パソコンなんて、
 何年ぶりに、買ったでしょうか?
 ただ、キーボードが付属してない。
 写真に写っているのは、
 AnkerのBluetoothキーボード。
 一応、純正キーボードカバー、
 売っているには、
 売っているんだけど。
 …3万円くらい、する。
 本体より高くなっちゃう」
「無意味だね…」
「けどこいつ、NECなんです。
 いまのNECパーソナルコンピュータは、
 実はLenovo傘下になっているので、
 …Lenovo版があるんだよね。
 だから、保証が切れたら、
 Lenovoのサービスマニュアル見ながら、
 分解してみる、つもり。
 SSDが128GBしかないので、
 ちょっと、でっかくしたい。
 まぁ、iTunes入れなければ
 充分では、あるけどね。
 キーボードはそれこそ、
 有線USBでつないでも、いいし。
 …みっともないけど」
 
「このNECのタブレット、
 TPM2.0も当然、入っているので、
 Windows11が、行けないかなー…
 という淡い期待で、買いました。
 (ただ、7世代目Core iなので、
  Microsoftが現在発表している
  Windows11のCPU要件では、
  残念ながら×。
  Core iは8世代目から、と
  現在時点では発表してます。
  …けど。「厳しすぎるので」
  緩和する方向、とは
  報じられています。
  「Microsoftのことだから、
   わかんないけど、ねっ!」)
 ま。値段的に。
 Windows10のサポート切れで
 おしまいになっても、
 それは。それで。
 何かケース、買ってこないとね」

うん。これ、案外、いい。
思い付きで買ったにしては、
結構いい、お買い物でしたー!
「バトンはぁ!!」
(422号)

「すいませーん」
「はいー!なんでしょ」
「線路にバッグ、
 落としちゃったんですがー…」
「あー…
 拾うので、ちょっと待ってください」

「だれかーっ!」
「…なに?」
「線路にもの、落としちゃったって。
 俺、マジックハンド持つから、
 赤、持ってくんない?」
「あ。いいよー」

マジックハンドであっても、
「絶対に、複数名です」
赤い旗を広げて、
ホームから、線路に突き出すように、
旗を、持ちます。

「次、いつ来る?」
「24分に、03A通過」
「マジックハンド、入れるね」
「どうー?」
「…引っかかんねぇなー。
 03Aの通過までには、
 5分、あるか…。
 しょうがない。
 線路降りるから、
 インタホンで、事務所経由で、
 指令に連絡して。
 拾ったら、ホーム端から上がる」
「ひかれないでね…」
「そのための、指令だろ!!
 走る!ほら!!」

「事務所でーす。なにー?」
「下りホーム氷室でーす。
 今、線路の落とし物
 拾ってるんだけど、さ。
 マジックハンドに
 引っかかんないんだって。
 奴、線路に降りるって言うから、
 指令に連絡いれてー。
 24分の03Aの通過までに決めるから、
 拾い次第、ホーム端へ走って、
 ホームに上がるって」
「了解でーす」

指令、指令…っと。
「はい!xx指令です」
「某駅でーす。
 線路の落とし物が拾えないんで、
 一名、線路に降ります。
 次がー…24分の03Aなので、
 通過に間に合うように、
 ホーム端へ走って行って、
 ホームへ上がる、とのこと、です」
「えー、某駅。
 線路上の落とし物回収のため、
 係員が線路に降りる、と。
 03Aの通過までには
 ホームに上がる…ですね?」
「そうでーす。手配おねがいしまーす」
「了解でーす」

ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。
「こちら、xx指令です。
 下り線運行中の各列車ー。
 某駅、線路上の異物回収のため、
 係員が線路に降ります。
 指示があるまで、某駅通過は、
 25km/h以下の徐行運転で
 お願いします。
 xx03Aの乗務員、取れますかー?」
「xx03A車掌です」
「あなたの車が、某駅通過までに、
 係員はホームに上がるそうです。
 あなたの車が、
 某駅に最接近なので、
 確実に、25km/h以下の徐行で
 お願いしますー」
「某駅通過時、25km/h以下の徐行、
 了解しましたー!」
「以上、xx指令!」
ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。

「運転士さーん!
 …聞いてたでしょー?」
「某駅、25km/hね。
 怖いから、ちょっと手前で
 落とそうかー」
「その方がいいかも、ですね」
「…身内ひいたら、
 シャレになんない」

…いいわけ、どうしようかな…
「お客様にお知らせいたします。
 安全確認のため、まもなく
 徐行運転をいたします。
 お急ぎのところ、
 ご迷惑をおかけします」

「ホーム、高いんだよな…」
「だいじょうぶ?」
「降りるは、大丈夫だって。
 …間違いなく、
 ここからホームには、
 上がれないけどね」
「みんな上がれないから、
 だいじょうぶ」
「ほっ!」
どすん。

「あと2分。やばいって。
 いったん上がろうよ…」
「つかんだ!!
 コレですね?」
「それです!」
「はい、持って!!」
「受け取った!!
 走れ、走れ!!
 あと1分…40秒くらい?」
「上がったら、すぐ指令!」
「コケるなよーっ!」
「赤、出してて!!」
「出してる!!」

「ホームあがったーっ!!」

右よし…左よし…
右よし…っと。
…インタホンっ!!

「事務所でーす。…下りでしょ?」
「拾って、ホーム上がった。
 線路上に異常なし。
 指令手配お願い!」
「了解ー!」

「はい、xx指令です」
「某駅です。
 落とし物拾いで線路に降りていた
 係員は、ホームに上がりました。
 線路上に異常なし、です」
「某駅の係員は、ホームに上がり、
 線路上に異常なし、了解!」
「お願いしまーす」

ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。
「xx03Aの乗務員、応答できますかー?」
「xx03A運転士です」
「某駅の係員は、ホームに上がりました。
 線路上に異常なしです。
 25km/hの徐行は、続けてください。
 某駅通過後、指令まで報告お願いします」
「某駅の25km/hの徐行は続行、
 某駅通過後、指令へ報告、
 了解です!」
「xx指令でしたっ!!」
ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。

「…03A、徐行で入ってきたね」
ばぁーーんっ!
「申し訳ない、申し訳ない…」

ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。
「xx03A運転士です。指令、どうぞ」
「はい、xx指令です」
「某駅を徐行にて通過しました。
 線路目視、異常ありません」
「某駅、徐行にて通過、異常なし、
 了解しましたー!」
ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。
「こちら、xx指令です。
 下り線運行中の各列車ー。
 某駅の25km/h制限は、
 これをもって、解除になります。
 各列車、信号に従い
 運行してください。
 以上、xx指令でしたっ!!」
ぴんぽんぱんぽん。
ぴんぽんぱんぽん。

「落とし物、こちらですねー」
「すいませーん!
 なんか、大変なことに
 なっちゃって…」

『いや。
 これが、我々の、
 仕事ですから』

「次、気をつけてくださいねー」
「ありがとうございましたー!」

「やれやれ…
 なんとか、なったね」
「03Aも、この先で回復運転すりゃー、
 定時に戻るだろ」
「無事が、なにより、だよ…」
「まったく、だ」


…と。
この位、すっごく、気を使うので。
『ぜったいに、
 ホームから線路には、
 降りないでください、ねっ!!』

落とし物したら、
係員が喜んで、なんとか、します。


おー。青山学院大学と
きましたかー。
…吹奏楽とバトントワリングだから、
視点が忙しい。
吹奏楽も当然、「気になる」
おそらくこの楽団、
マーチング、やってるね。
指揮がそれっぽいし、
スーザホーン、あるし。

「あー!後半は、
 旗回すの、ありますねー!
 ダイナミックなんだよねー!」
「どうやって、持ってるんだろうね?」
「…ん?個人の好みはあるけど。
 まず旗は、絞ります。ぜったい」
「絞る…?」
「絞った旗と、広げた旗は、
 意味が、違うので。
 けっこう、いるとしたら。
 小指で、棒だけを持つ。
 他の指で、棒と絞った旗を持つ。
 上げるときは、絞ったまま」
「な?なんか?
 ちがうような…?」
「で、いざ『広げる』事態が
 起きてしまったら。
 小指以外の指を離して、
 『ぱん!』と振ると、
 確実に、旗は広がる。
 広げた旗を、頭上高く持ち。
 ちからいっぱい、振り回す。
 そして…出せるだけの、大声で…
 『停車ぁーーっ!!
  止まれぇーーーっ!!』
 他の旗持ちが、気がついたら、
 とにかくみんなで、旗を振る。
 伝われ、車掌に!!
 『車掌弁、引いてくれぇーっ!!』」

「…ソレ、
 駅員さんの、旗だよね?」
「あたし、
 駅員経験者、だもん。
 列車防護、たいせつ!!
 『いざというときに
  列車を止める 勇気持て!!』
 あ。だから。
 旗が広がってない、絞った状態だと、
 異常なし。通常、と。
 旗が、広がっていて、
 とにかく『振られて』いたら…
 それは、異常事態。
 運転士が目視したら、非常ブレーキ。
 車掌が目視したら、車掌弁引いて、
 非常ブレーキ。
 …ま。『戸締め合図』の時は、
 広げた旗は、
 『戸ばさみ、したから、
  もう一度、ドア開けて』の
 合図なんだけどね」
「あの赤い旗、名前あるの?」
「『フライ旗(ふらいき)』って
 良く言います。
 理由は知らない。みんなそう呼ぶ」

前方よし!!「ぷしゅー」
側面よし!!「しゅぅぅぅぅ…」
列車が動き出したら、
旗を下げて、出発監視。
…なつかしいねー!

「バトントワリングが、
 どこかに、飛んでいきましたが」
「…どこに、拾いに行けば
 いいんだろうねー
 新町?文庫?」
「そこでないことは、
 確かだと、思う…」

【放談住宅 2021/07/17】
ステッパーに、ダンベルに。
トレーニング用品は、
けっこう、揃ってきました。

「しかし。
 なーんか、こう…」

もっと「楽しい」ものが、
あってもいいんじゃないかなー。
こう…こう…

『バトントワリング!!』

あーれ、やりたかったんだよねー。
小学校のクラスの子に、
バトン貸してもらったんだけど、
回し方、「わかんなかった」
んだよねー!

あそこ。あそこ。
今はスーパーになってるけど、
亀戸の、
ハタセントラルスポーツ亀戸!!
あそこに、水泳と体操を習いに
行かされてたんだけど。
バトントワリングあったら、
ぜってー、やりたがったよなー。
…恐らく、「なかった」んです。


ほらー。
いかにも、あたしが、
やりたそうなのがー。
…『身体が硬い』を
なんとかしないと、なんだけど。
しかし、ここ。
そうとうに「上手い」ね!
これだけの人数の演技で、
誰一人、崩れることがなく、
バトン落とさずに、
確実にキャッチしてる。
…大学のバトントワリング部でも、
だいたい、一人は落っことす。

もっと、こう、
「入門」的なもの、ないの…?
『あった。』




そうそうそう。
トスーキャッチができてから、
リスト・トワール、
回すことができる…と、
「小学校のクラスの女子が、
 言っていたような、気がする」
ここ、確実に、綺麗に、
身につけるとしたら。
『中年のおっさんだがら、
 半年くらい、かかるよね。
 自分が納得できるまで、は』

で。
ある程度その。
トワリングバトンは、
知らなくはない、と言うか。
バトンの両端のおもりは、
実は大きさが違います。
大きい方がボール、
小さい方がティップ。
この「重さの違い」を使って、
例えば、演技中に
「バトンの持つ位置を、
 さっと、変える」
一番最初のムービーを
こまかーく見ると、わかるはず。

…やってみたい。やってみたい。
『今、やってみたい!!』
『い、今ぁ?』
通販届くの待つの、やだ。

どーこで、売ってるんだよー、
きちんとした、トワリングバトン。
…新宿のチャコット…?
あー!盲点だったかも、知れず。
うん。チア・バトン、あるって。

チャコットと言えば、
「バレエ」だから、ねー。
まったく、気がつかなかった。
何か、行くと、トゥシューズを
欲しがりそうな、気がするが。
「大きさ無いから、だいじょうぶ」
…ちなみに。
江頭2:50が愛用しているタイツ、
チャコットです。
…と、軽く「世界が崩れた」感を
出しつつ、「新宿の、どこ?」

『西口・甲州街道沿い、かー!』
よく知ってる、このあたり。
あたしの銀歯を入れてくれた
歯医者さんが、このへんなので。
小学校…3年あたりから、
ひとりで、行ってました。
その頃入れた銀歯が、
「一回も、外れたことがない」
もう、歯と同化してまして、
銀歯の「上に」
歯が育っていたり、します。
…すごい先生だった。
…もんのすごく、気が弱いんだけど。

「19:00までなのが、
 ちと、難点だが」
明日、行ってみようかなー…
空振りになっても、いいから。

で。
ある程度、確実にキャッチが
できるようになった、としたら。
「近所の、誰もいない、
 あの、児童遊園」
あ。ひらめいた。
iPhoneから音楽鳴らして、
Bluetoothイヤホンで受ければ、
近所迷惑には、ならない。
YouTubeも、おっけー。
「首の後ろでつながっている」
イヤホン使えば、落としづらいし。
…町会の連中?「もう、知らん!」

わりと、本気です。
公園で、おっさんが、
バトン回していたら、
それはそれで。珍百景的な。

しかし、「世の中、変わった」ね。
バトントワリングの
教室も、クラブも。
「男の子大歓迎!!」だって。
『あたしが小学生の頃は、
 ダメ、だったんだ…』
まぁ、時代はしょうがない。
けど、「明日から、できそうな」
準備は整ったじゃんか!!

うん。
案外、「うまくいく」もんだね。

「しかし。」
「…しかし?」
「あなたなら、知っているでしょう。
 プリキュアの、エンディングの
 ダンス。
 子どもさんと、一緒になって
 躍っているうちに、
 『本気に、なって』
 録画見て、がんばったら、
 『アキレス腱切っちゃって、
  入院した、おとうさん』
 が、いるということ、は…」
「自分の身体、わきまえます…」
(421号)

【放談住宅 2021/07/14】
「バーベル」
…棒だから、バーなんだろうな、
とは、思いました。
では。
『ダンベル』って、…なに?

と。
2kgのダンベルを両手に持って、
二の腕あたりを引き締めようと、
トレーニングしてて、
ものすごーく、疑問になりました。

「ダンだよ、ダン。
 …だん?
 ダッダーン!
 ボヨヨン ボヨヨン?
 そんな最近の話じゃないでしょー。
 だん…だん…
 だんっ!!
 …落っことすと、
 大きな音がするから、だん…?」

ちがいました。

"dumbbell"だ、そうです。英語。
物としては、古代ギリシャあたりまで
遡れるようですが。
「ダンベル」として、
名前がはっきりしたのは、
18世紀イギリス…らしいです。
当時は、トレーニングに、
「教会の鐘のようなもの」
ただし、「音は、しない」
ものを、使っていたとのこと。
音がしない、鐘だから、
"dumb" + "bell" で、"dumbbell"

『鐘だとは、思わなかったねー!』
今のダンベルとは、
まったく違う形、だったんだろうね。

「バーベル」は、
その「音がしない鐘」を、
棒に付けてトレーニングしてたから、
"bar" + "bell"で、"barbell"
…らしいです。

トレーニング中は、
「頭の中が、ヒマだから」
余計なこと、気になるんだよねー。
いや。すっきり、しました。

疑問は、解けたけど。
「なかなか二の腕、細くならない」
…半年くらい、かかるんだろうね。
(419号)

【放談住宅 2021/07/11】
なわとびも、
良かったんですけど、ね。
「筋力が足らなすぎて、
 筋肉痛から復活するのに、
 2~3日、かかる」
こう、ゆる~っとして、
かつ、確実に力がかかる
何かは、ないだろうか…
『なるべく、お安く』

確かに、エアロバイクとか、
ムチャクチャいいですよ。
気持ちいいですし、ね。
自転車ホイ♪
マルキンホイ♪
マルキン自転車
ホイのホイのホイ♪
『ただし。
 高いし、置く場所がない』
かと言って、ゴム系の
エクササイズツールは、
『全身に負荷が、かかりづらい』
『負荷が軽くて、
 有酸素運動に、なってない』

そこで、重い腰を上げまして。
運動を始めた頃から、
目はつけていた、
ステッパーを、買ってきました。
IMG_2464
ショップジャパンの
『健康ステッパー ナイスデイ』
実はヨドバシで、売ってます。
在庫があれば、
すぐにお持ち帰り、できます。
敷いているコンパネは見るな!
ただし。7kgあるんで、
お持ち帰りは、多少、
覚悟した方が、いいかも。

IMG_2465
これ、いいですよね。
カウンターついてるから、
何分踏んだか、とか、
確認できる…んだけど。
『表示が小さいから、
 しゃがまないと、見えない』
こればっかりは、しょうがない。

連続使用可能時間が、20分なので。
適当に、Spotifyから
音楽を流しまして。
20分、踏んでみました。
『暑い』
『のどが、かわく。水必須』
『汗、かきまくる。
 タオルも必須』
それだけ、「効いてる」んだと
思います。
気分転換として、
たまに音楽に合わせて、
歌ってみるのも、いい感じ。
「ア ホレ
 スイスイ スーダララッタ
 スラスラ スイスイスイ♪
 スイーラ スーダララッタ
 スラスラ スイスイスイ♪」

そして、しまう場所。
ステップの高さを
左右、合わせて。
横倒しにする感じで、
立てかけること、できました。

うん。やっぱり、きもちいいです。
後から調節ねじで角度を加えて、
負荷を増やすことも、できます。
そして、無意識に
手を振っているらしく、
肩甲骨の下も、効いている感じ。

『ステッパーとしては、
 レビューは、あんまり、
 よろしくは、ないけどね』
ヨドバシに在庫があれば、
あっさり、お持ち帰りができる、
手軽さが
いいんじゃないでしょうか。
『おもたかった、けど。』
(418号)

会社で、調べ物してました。
「Google先生ぃー…」

ふと、偶然。
こんなこと、書いてありました。
「私が見ている赤と、
 君が見ている赤は、
 果たして、同じ赤なのだろうか…」
「あ!コイツ、哲学科だ!!
 文学部の変人だ!!」

え。これって…
哲学領域で、けっこう有名な
問い、なの…?

「目の前に、景色がある。
 隣の席の子が、見ている景色が、
 まったく違った色で、
 見ていたと、しても。
 『色を表す名前』が
 同じだと、したら。
 …なんの問題も、起きないんだよね。
 あたしが見ている、赤ペンを、
 隣の席の子が、
 『緑色に、見えていたとしても』
 その色を、『赤』とその子が
 呼んでいれば、
 『赤ペンであることは、
  変わらない』」
そして。
「脳は、
 生きたまま、取り出せないから。
 …証明は、不可能だよね」
確か…小学校、
4年か5年で、思った。
『5年、かな』
中学受験で、頭が焦げたのかも、ね。

いや、これ、ね。
気づいたんだけど、
「言わないことに、していたの」
通じない人には、通じないし…
通じる人に、通じてしまうと、
「なんか、
 めんどくさいことに、
 なりそうって、思ったので」

これ…
今日の、今日まで。
「小学生の、おもいつきだと、
 ずーっと、思ってた」
不思議なことって、あるもんだね。

「他の人には、この世界は、
 どんな色で、見えているんだろう」
って考えるの、好きだったんだよね。
極彩色かも、知れない。
けど、「伝える術を、持たない」
なぜなら、
『皆、赤は赤と、呼ぶから』
しかし、
「どう見えているかは、わからない」

なんかの拍子に、
「すこっ」と、気づいたんだよね。

『びっくり、した』
…変な小学生だったんだね、あたし。


『色覚異常のある方、ごめんなさい』

【放談住宅 2021/07/07】
…たなばた、なの…?

今日、帰りに、
地下鉄に乗っていました。

「かっ!…ったく」
隣のおっさんが、
スマホ見ながら、何か言ってる。
…ゲームだね、明らかに。
…ゲームしながら、本読んでるの?
…なんの、本?

『投資の大原則』

おっさん、ね。
その本に、
「熱中できていない、時点で」
もう、投資に負けてるから。
「スマホのゲームをやりながら、
 投資を学ぶ」
…スワップの細かいところとか、
枝葉を調べてるなら、ともかく。
「大原則」の段階で、
ゲームやりながら…なんて、
投資の神様に、逃げられますよ???

「投資の神様…バフェったん?
 バークシャー・ハサウェイの」
「バフェット氏のこと…?」
「投資家有名人は、
 案外あだ名で、呼ばれるけどね。
 長生きだよね、バフェったん。
 まぁ、バフェット氏のことを、
 バフェったん、って言う人は、
 あんまり、いないけど」

なんだろ。
その人なりの…
哲学と言ったら、
立派になってしまうので…
『やり方』みたいなものが、
あると、思うけどね。
例えば…『分散投資』
絶対!Must ! レベルでしょ?コレ。
しかし。あたしは。
『自社株プログラム、一点のみ』
パフォーマンスが
『ムチャクチャ、いいので』
これ以上、手を広げる気が無い。
まぁ、
従業員福利厚生プログラムだから、
そもそも有利、だからね。
あと、あたし自身が、会社から、
『知り過ぎちゃってる人』指定を
受けてしまっているので。
円貨預金と、
自社株プログラムの自動買い付け以外の、
金融商品を動かすときには、
…会社にお伺い、立てないといけない。
『めんどくさい。』

ま。海の向こうで、
順調に太っているので、
これで、いいんです。あたしは。

あと、「円貨普通預金」を
けっこうみんな、バカにするけど。
…素晴らしい商品だと、思うけどね。
だって。一千万円+利息までは。
『絶対に、減らない』
証券会社のMRFであっても、
相当に、運が悪ければ、…減る。
そして今、
ろくすっぽ利息なんて付かないから。
「決済用普通預金」にしておけば、
利息は「0」に、なるけれども。
『全額、保護。減りません。』

なんで、お金が、増えるか。
…危ない橋、渡ってるから。
落ちるかも、知れない。
渡り切れるかも、知れない。
知識と経験と、『勘』を駆使して、
どっちになるかを、
『信じるから』
…危ない橋を、渡ることができる。
損したくなければ、
「真剣勝負」しか、ないですよ。

『投資の大原則』なんて本を、
スマホのゲームやりながら、
真剣に読めないようでは。
『既に、負けてるから。
 やめといた方が、いいよ』
ちなみにその本、
Amazonの説明レベルで、
何書いてあるか、わかった。
…ごくごく基本しか、書いてない。

『投資』であっても。
『裏技』みたいなものは、
ないのかも、ね。

…『運』は、あります。
『おもいっきり。』
(417号)

【放談住宅 2021/06/27】
おちゅうげんーーー!!
…お世話になっている親戚、
数軒に送る、だけなんですが。
「もう、考えるの、
 めんどくさいから…
 去年と同じ、で」
銀座松屋の催事場へ行って、
母親の外商カードを出せば、
すべてOK!という、
ラクチンシステムです。
(担当者呼びつけると、
 「めんどくさいので」
 催事場へ行っちゃいます)
「お中元・お歳暮で、
 一番、大切なのは。
 『銀座松屋の、
  包装紙だっ!!』」

そしたら。
まったく、知らなかったんだけど。
ちょうど、
『「銀座の男」夏市』やってました。
スーツがよりどり2着で、29,700円!
「サイズ…ありますか?」
BB7という、過去最大の横幅の
サイズになりましたが、ありました。
「あぶなかったねーっ!
 松屋だと、次はEEで、
 そこまでだから、
 ダイエット始めといて、
 良かったね!」
…20代の頃は、
Y体とか、YA体とか、だったのに。

紺無地があって、
いいかな?とか、思ったんだけど。
『制服』と違って、
織り糸が細く、布地が薄くなるので、
「なんか、ちがう。…さびしい」
やめときました。
ま。無難なものを、2着で。
…どうせ、仕事着だし。
…どうせ、作業着だし。

裾と、袖丈を直したので、
ちょっと、かかっちゃったけど。
青山とかの、下手な量販店より
安く上がった…はず。
「袖丈は、金かけても、
 合わせた方が、いいよ」
「そんなに、違うモン?」
「長くても、短くても、
 …借り物に見えるよ?」

これで!
朝、スーツ着るときに、
『匠の技』を使わなくても、
さっと、着られますね。

三丁目の松屋で 背広を買って♪
四丁目の三越 素通りで♪

スーツ、どこで買おうか、
悩んでたんだけど。
ちょうどよく、
「向こうから、来てくれました」
…来週には、出来上がるそうです。
(415号)

【放談住宅 2021/06/25】
「…あれ。軽く寝てたら。
 『エアコンから、
  水滴が、たれてますねぇ』」
「…故障?」
「10年モノ、だからね。
 おつかれさまでした。ちーん。
 今いつだ?6月末?
 エアコン取り付け工事、
 7月中旬についてくれると、
 嬉しいねぇ。
 今、工事、混んでるよー…」

…じーーー…

「直る気がする。
 ドライバー、懐中電灯、
 適当な棒。割り箸でいいや。
 『必ずコンセントを
  抜きましょう』
 最悪、死んだり、
 火事になったりするからね」

【ここから先、
 マネしないで、ください】
本気で危ないです。


「水って、エアコン、
 水道でもつながっとるん?」
「業務用だと、つながってるの、
 ある『らしい』けど。
 こんな家庭用には、
 水道は、つなげません。
 『コップに、氷水を入れます』
 まわりに、水滴がつくでしょ?
 それと、同じこと。
 空気は、温度が下がると、
 水分を含む能力が、減ります。
 でー…エアコン開けると、
 中に銀色の…
 ひだひだが、あるでしょ?
 アレが、室外機の力で、
 冷えたり、暖まったり、します。
 この季節だから、冷えます。
 そこに、ファンの力で、
 空気を通します。
 空気が冷える。すずしく、なる。
 『うれしい。』
 ただ、銀色のところで、
 急激に空気が、冷えるので。
 空気は、水分が保てなくなって、
 銀色のところに、
 水を置いていきます。
 まったく正常のエアコンであれば、
 銀色の下の、ドレンパン。
 そこからドレンホースで、
 水を外に出して、室外機近辺に、
 水を出しちゃいます。
 …おそらく、その経路の、
 どこか詰まった、ってこと」

「バラしに、かかろう。
 『ウィッグ、逃がす』
 …良く水、かぶんなかったな。
 風が出るところの羽根は、
 構造を知っていれば、
 工具なしで、外れます。
 …ほら。
 で…とりあえず、中を見よう。
 手で外せるものは、
 ぜんぶ、外す。よっこいしょ。
 でー………
 この2点のネジを外せば、
 運がいいと、中が見えるはず。
 ほっ!(がたがた)
 懐中電灯!」
「ほいっ!」

「…思ったとおり、
 ドレンパンに水が溜まってる。
 ドレンのどこかが、
 詰まった、ねぇ。
 …なんだこの、
 砂壁が落ちた、みたいなの。
 ドレンパンの出口付近、
 棒でつついたら、行くかなぁ。
 んー…
 若干、流れている気はするけど、
 水が、抜けない」
「あかん?」
「最後の手段に出ます。
 『ドレンホース、吸います』」
「す、吸う?口で?」
「コツさえ知っていれば、
 そんな、
 びっくりすることじゃー、ない。
 外に出られる格好に、しまして。
 路地経由で、
 室外機、行ってきまーす」

「もう7月に、なろうと言うのに。
 ドレンホースの先が、
 『見事に、乾いてる』
 完璧にドレンが、詰まってるね。
 あ。カッター忘れたけど、
 ドレンホース、U字になって、
 上向けられた。
 すー…はー…
 心頭滅却すれば…
 ほんの少しだけ『吸うっ!!』」
ぼこ。ぼこ。
「あー!行った!
 ドレンホース、下に向けると…
 流れたっ!水、流れたっ!!
 砂利っぽいのも、流れた。
 虫でも入っちゃったかな。
 …流れ切った。
 ここで、もう一回、
 かるーく、吸います」
…ぼこ。
「ほーら。もう一箇所詰まってた。
 かなーり水が出たね。
 …試運転しようっと」

『しーっかり』
うがいを、しましょうねー。
がらがらがら…
ぼこぼこぼこ…
ぐじゅぐじゅ、ぺ。

「どないやったー?」
「『運が良ければ』直った。
 羽根つけて…
 コンセント。よっこいしょ」

ぴーぴーぴーぴー

「あー、エラーだ。
 『これは本気で、
  寿命かも、知れない』
 …あれ。羽根の上下、逆だ。
 モーター過負荷で止まったぁ?
 まさかぁ。
 つけなおして…5分、放置。
 もう一回、コンセント。よっ!」
ふぅ~~~~ん
「あ。行った。
 念のため、もう一回、
 コンセント抜いて…5分、放置。
 もう一回、コンセント、刺す!」
ふぅ~~~~ん
「エラーは、出なくなったね。
 …なんだったんだろう。
 じゃ、相方。
 これからやること、『寒いので』
 覚悟してください」
「な、何すんの?」
「設定温度を、最低にします。
 …コレは、17度、か。
 30分ほど、試運転します。
 変なところに水が回ったから、
 最初は水、出るだろうけど。
 最終的に、水が止まって、
 水が出たところが、乾いたら、
 『とりあえず』OK、ということ」
そよそよ…
「さむっ!」
「さむーいー!
 水、出なくなったね。
 ドレンパン…水、抜けてる。
 どうしようかな。やるか。
 …ちょっと水、持ってきます」
「さっ、さむっ!!」

「銀色のところを、経由して、
 ドレンパンに、
 ゆーっくり、ゆーっくり、
 水を、流していきます。
 …流れ切ったね。
 ドレンパンに溜まっても、いない。
 ドレンホースの先は、どうだっ!
 水が、出ているっ!!」

とりあえず、直りましたっ!!

「外したものは、
 元に戻して、っと」
「あんな、キッタナイのを、
 吸うしか、あれへんの?」
「…いや?ふつう、吸わない。
 サクションポンプ、って言って、
 ドレンが詰まったときに、
 ドレンホースの先に付けて、
 一気にぐっ!と引くと、
 ドレンホースに負圧がかかって、
 詰まりが、抜ける…という、
 専用の道具が、あります。
 『実は買っても、
  千円から三千円くらい』
 ただ、一晩中、
 水が垂れてるの、いやでしょ?
 仕組み知ってるから、
 吸っちゃいました。
 詰まってるときに、吸った感覚と、
 詰まりが抜けたときの感覚が、
 わかんない場合、
 絶対に吸っちゃ、ダメ。
 バイキンだらけの水が、
 口に、入っちゃうからね。
 そこは、
 元管楽器奏者、ですからー」

「ただ、ねぇ。
 ドレン詰まりの場合は、
 詰まった『理由』が
 あるはず、なのよ。
 虫が、水を求めて、
 上がっていった…
 とかなら、いいんだけど。
 今回、詰まりの『理由』には、
 アプローチ、していないので。
 また詰まる可能性が、高いです。
 …ホームセンターで、
 サクションポンプ、
 買っておこうかねぇ。
 もしくは、本気で、
 エアコン買い換え?
 10年以上経過してるから、
 電気代、安くなると思うよ。
 ま。
 秋になって、
 エアコン取り付け屋さんが、
 多少ヒマになったら、ね…」
(414号)

「YouTuberという
 人たちが、いますね。
 あたしはあんまり、
 好きでは、ないんですが」
「まー…人間、
 目立ちたいもん、やろ」
「目立ちたく、なかった!!
 特に、小中学生の頃っ!!」
「ソレ、しゃーないやろ、もう…」
「はい。」

「あのねぇ。
 YouTube、開くじゃん?
 ちょっと興味がある
 動画があると、するじゃん?
 例えば、鉄道っぽいの。
 動画、開くじゃん?
 『みなさんこんにちは。
  何某です。
  今日、僕は…』って、
 しゃべり出すんさ。
 その『言いたいこと』は、
 あたし、
 知っているというパターンが
 多すぎるの!!
 例えば、ね。
 タイトル『2つの「準急梅田行き」』
 サムネイル
 『どちらも「準急梅田行き」
  どちらが先に着く?』」
「なんかソレ、
 俺も知ってそうや」
「動画の上に、マウスカーソルを
 乗せると。
 若干、動画の中身、見れるでしょ?
 …案の定、阪急の宝塚駅。
 『今津線経由の方が、早いよ。
  宝塚線、遠回りだからね』
 どう考えても、これでしょ?」
「それしか、あれへんな。
 コレ、梅田駅で迷った、言うなら
 あるかも知れん…と、思うけど。
 宝塚駅やろ?
 切符買うときに、路線図見た時点で、
 今津線経由の方が早い、と
 気づきそうなもんやもん、なー」
「これを、延々、
 素人のしゃべりで、
 何分も解説されても、
 面白くないでしょ?」
「そらそーや」

「あたし、ね。
 『文字と、音声は、
  受け取り方が、
  まったく、違う』
 と、思ってるの」
「ほー…なんでや?」
「文字って、
 自分のタイミングで、
 読めるでしょ?
 音声は、
 向こうのタイミングに、
 『合わせないと、いけない』
 …タイミング合わないと、
 イライラするよね」
「結構…考えてますねぇ」
「一応。
 ものかきの、つもりなんで」

「そして、動画の作りも、
 肝心の所は、
 最初、隠しておいて。
 中盤で、やっと解説するという
 パターン、多すぎる!!
 いやそれ、知ってるから!!
 実際の映像だけ、
 見せてくれれば、いいっ!!
 そっちの方が、楽しいの!!
 …イライラするよね」
「んー…どうしようも、あれへんな。
 自分、妙なところ、
 妙に詳しいからなー…
 お経とか、あれへんの?」
「あるよ?『浄土宗のお勤め』」
「ソレでも、眺めてなさい」
「ここらへんの、お経はさー。
 菩提寺の、隠居ぶっこいた
 前の住職の読経で
 慣れちゃってるから…
 なーんか、これも違うんだよね」
「ソレを人は、ゼイタクと言う」
「はーい…」

【放談住宅 2021/06/21】
「体重、
 順調に、減ってます!!
 『筋肉も、
  それ以上に、減ってます!!』」
「アカンやんか、それ。
 脂肪が落ちんと、意味ないやろ」
「これに関して、
 色々と調べました。
 その結果。
 『たんぱく質不足ではないか?』
 と言う結論に、達しました」
「たんぱく質…なんでや?」
「筋肉の材料が、たんぱく質だから。
 トレーニングで、筋肉を動かして、
 筋繊維が、破壊される。
 ここから、きちんと休みを入れると、
 『超回復』と言って、
 破壊される前より強い筋肉が
 再生される…んだけど。
 休みの他に、栄養が必要。
 色々必要だけど、ずばり、どん!
 …たんぱく質だ、ということ。
 ま、プロテインには、
 いい感じに色々と入ってますので。
 お試しして、みようかと」

IMG_0508
「やっぱ、美容は、気になるもん?」
「実は、これにしたのは、
 純粋に値段、なんだよね。
 値段だけを考えると、
 『ジュニアプロテイン』が
 お安いんだけど。
 ジュニア向けなんで、栄養も
 抑え気味みたい、なの。
 これは、12食分で、
 だいたい、1,500円。
 一日2食として…6日。
 やっぱプロテイン、高いよう」
「たんぱく質の多い、
 たべもの、ってあるん?」
「今流行りの、サラダチキン。
 鶏肉はたんぱく質、多いよね。
 ただ、プロテインなら、
 冷蔵の心配も、いらないし。
 一食単価で、もう少し安いのは、
 探せば、あるかも。なんで。
 これは、近所のドラッグストアでも
 売ってる。
 …これ、大きいでしょ」
「カラになったら、
 すぐ、行けば買える…
 確かに」
「あと、味付け、大切。
 もっとお得っぽいのが
 あったんだけど。
 豆乳味、なんだよね。
 ミルクティーなら、飲めそうだけど。
 豆乳味は、遠慮したい。
 豆乳、あんまり飲まないので。
 …慣れたら、飲めるかも、だけど」

「また大変なことに、
 プロテインって、種類があるの。
 ・ホエイプロテイン
 ・カゼインプロテイン
 ・ソイプロテイン
 ここ、もう、しょうがない。
 安いの、安いの。
 高いのは、6,000円とか
 一万円とか、するからね。
 …ま、『量が多い』んだけど」
「これは?」
「ソイプロテイン、ですね。
 減量・引き締め系には
 ソイプロテイン…らしいです」

「プロテインはマズイと言うが…
 まずは、飲んでみましょう。
 プロテインシェイカーという、
 ふた付きの入れ物を、使います。
 ごめん。今洗って、干してるので
 写真ないです。
 すりきり、三杯…
 水を入れます。
 少し入れて、ふたを閉めずに、
 振ってみて…溶けない。
 水を増やして、振ってみて、
 …溶けない。
 規定量の200mlまで、水を入れて、
 ふたを閉めて、振るっ!!
 メキシカン・ロック♪
 ゴーゴーゴーゴー♪
 メキシカン・ルック♪
 ゴーゴーゴーゴー♪」
「どこから、その選曲が出るんや…」
「飲みます。覚悟ぉっ!!
 …。
 ……。
 案外、おいしいよ?
 わるくないね。おいしい。
 あ。でも時間が経つと、
 口の中に粉っぽさが、出る。
 あ!何か食べた気に、なる。
 小腹が空いた時にとか、
 いいかも、コレ」
「ようわからんが…
 良かったんちゃう?」
「そうだねー」

「朝、一食。
 もう一食は、適宜に。
 運動した後とか。
 運動しない日は、
 小腹が空いた時とか。
 こんな感じで、
 まずは飲んでみたいと、思います。
 案外おいしい。いいね、これ」
「一杯、飲ませてくれへん?」
「高いから、やだっ!!」
「ケチやなー…」
「ケチでいいもん」
(411号)

【放談住宅 2021/06/19】
「一番に 入れるスイッチ なんでしょう」
「…夜やで、夜。
 しかもコレ、関西圏しか、
 わかれへんで?」
「♪ありがとうー ありがとうー
 らららんらんららーらー
 ♪ありがとうー ありがとうー
 らららんらんららーらー♪」
「…壊れた」

「あのねー。
 隅田川沿い、墨田区側を、
 自転車で、
 ずーっと北へ向かっていって、
 高速の入口過ぎてから、
 しばらくすると、
 交通公園っていうのが、あるのね」
「ほー」
「自転車とか、足こぎバギーとかで、
 交通ルールを学んで、
 子どもの交通安全に、
 役立てましょう、という感じで」
「それが、どないしたん?」
「久しぶりに、
 交通公園で遊びたいと思ったら。
 …小学生までしか、
 足こぎバギー、
 貸してくれないんだって!!
 墨田区の、けちっ!!」
「自分、自動車の免許取ってから、
 何年になるん?」
「18で取ったからー…
 あんま、数えたくないけど、
 20年以上?」
「本物のクルマ、乗ればええやんか!」
「本物のクルマは、
 人が、殺せるでしょ!!
 足こぎバギーは…
 本気で人に当てると、
 大変なことになるね」
「ま、ま、ま。
 公園で遊びたい、
 いう話やろ?」
「そうでーす」

「実際問題ね?今…夜9時でしょ?
 隅田公園の、小梅小のところの、
 遊具のところ。
 ブランコなら、遊べます。
 ジャングルジムは、
 ネット張られちゃうので、ダメ。
 まー、あそこまで行かなくても、
 近所の公園に、
 ブランコ、あるけど」
「その公園、子どもは?」
「まったくいないのが、
 恐ろしいねぇ!!
 あたしが小学生の時も、
 あの公園で遊んだことって、
 ないもん。
 隅田公園行くと、運がいいと、
 小梅小の子がいるからさぁ。
 どっちか、ってーと、
 隅田公園行くよね。自転車で。
 今は横川小学校に学区が変わったから、
 横川小で、公園…
 横川小の前にある、横川公園?
 あ。コンパクトだけど、いいよ?
 ブランコ、すべり台、
 砂場、ジャングルジム。
 …お散歩がてら、
 行ってこようかなぁ…
 夜の遊具封鎖があると、
 寂しいけどね」

「公園は、お隣台東区が、
 大失敗しちゃったんだよね。
 まぁ…世の中がそうなるとは、
 あの頃、
 誰にも想像、できなかったけど」
「どう失敗したん?」
「墨田区以上に、台東区って
 土地が高いでしょ?
 だからー。
 小学校の校庭と、公園を、
 いっしょに整備して、
 あるときは校庭、
 あるときは公園、と、
 有効活用したの。
 …ところが。
 今は小学校は、
 不審者が入らないように、
 しーっかり、閉めるので。
 公園の余地を残して、
 しーっかりフェンス、作ったね」
「いつ頃の話なん?
 校庭にも、公園にも、っちゅーのは」
「あたしがー…
 小学生…だな。うん。
 あれ?中学生?ま、そのへん」
「なんで、
 子どもに危ない時代に
 なったんやろうねぇ…」
「ねぇー。
 小梅小の運動会も、
 卒業生だ、というだけでは、
 入れない『らしい』し。
 せちがらいっちゃ、
 せちがらい、ねー」

「こう…もっとこう、
 遊べる的な公園って
 あれへんの?」
「わんぱく天国、あるね。
 押上に。
 ロープにぶらさがって、
 しゅーって、渡るのも、
 確か、ある。
 ただ、あそこ、
 名前書かないと、いけないんだよね。
 おじさんの、目の前で。
 心理的ハードルが、
 ちと、高いです」
「夜に行くと?」
「閉まってる。思いっきり」
「…アカン、か」
「だめです。ええ」

「まぁ、聞いた話によると。
 大横川親水公園を、
 北から南まで、
 ずーっと、行ってみると。
 案外、遊び甲斐が、あるらしい。
 『1,750mを、
  歩き切る元気が、
  あれば、ね』」
「なんでそない、あるん?」
「川を埋めて、作ったから。
 そいやー…
 大横川親水公園の整備も、
 たしか、あたしが
 小学生の頃。
 あの頃からは、色々と
 変わっちゃったけど。
 釣れない釣り堀、
 きれいになったけど、
 どうせ、釣れないんでしょ?」
「なんで、墨田区の釣り堀、
 どこも釣れへんの?」
「…区の様子見りゃ、
 わかるでしょ。
 お金が、あんまり、
 ありません」

「…現実問題、
 明日とか、動けるん?
 何や、布団で
 うなっとった気が」
動けません。
 ついに筋肉痛が、来ました。
 背中の筋肉痛がひどくて、
 寝るのも起きるのも、一苦労」
「長いツケやな。しゃーない」
「子どもでも、若くも、
 ないんだね。くっそー…
 ちょ。
 お手洗い、行きたいんですが」
「しゃーないやろ。
 這ってでも、行ってき」
「ほっ、はっ、
 痛っ!!くー…」
(409号)

このページのトップヘ