星のかけらの宝箱

Xジェンダー、MtXのブログですがー…最近は、「墨田区民と北関東民ホイホイ」ですー…

カテゴリ: 自己紹介

あー。
ご新規さん、増えたから、
一応コレ、やっとくー。

「氷室朱実」(ひむろあけみ)です。
もちろん、本名じゃありません。
セクシュアルマイノリティ、です。

セクシュアルマイノリティと言っても、
たーくさんの、
セクシュアリティが、あります。
あたしはー…
「Xジェンダー(MtX)」です。
男性に生まれたけど…
男性に思う時もあるし、
女性に思う時もあるので、
「性別を決めていない」
セクシュアリティ、です。

それに加えて。
「アセクシュアル」です。
他人に、恋愛感情も、
性的欲求も、
『持てない』セクシュアリティ、です。

『ですが』
「あたし」に対しては、
ほんと、気を使わなくて、いいよぉ?
特に、タブーとか、ないから。
「セクシュアリティを否定される」は、ね。
人格否定と、同じだから。
そりゃー、怒ります。
けど。
「知らなかったから」というのであれば、
特に、怒りません。
知らないことは、仕方のないこと。

うん。
「セクシュアリティの種類は
 わからなかった、けど」
小学校でも、中学校でも、
隠して、なかったから!!
小学5年で、手芸部、入ったし!!
小学校でも、中学校でも、
男子集団の中にもいるし、
「女子集団の中にも、いる」という、
フシギな存在、だったから!!

一応、ここはー。
「セクシュアルマイノリティの、ブログ」
なんだけど。
ご好評だから!!
墨田区ネタを扱うブログ…
「でも、ある」という
方向性を、考えています。

あ、これはあくまで、
『あたし』の、場合だから、ね!!
人によって、セクシュアリティは、
千差万別!!
すっごく気にする人も、
もちろん!!いらっしゃるので、
そこはー…ご理解いただけますと、
非常に、ありがたいです(ぺこり)

あ゛!!
『一応』小説ブログ、です…
ずっと、書いてないですが…

Yahoo!ブログが
「終了するので」
引っ越してきました。
…なので、記事数が
「やたらと多い」です。

コレ、またやるぅ?
「看板の由来」つまり
「星空の涙」の由来。
…二丁目で、男にフラれて、
都営新宿線で帰ろうとして、
東京三協信用金庫あたりで
空を眺めたら、星空で、
涙が出た…という「設定」

「二丁目のミックスCafe」という
設定でブログやってたんだけど、
「とんでもないもの」…つまり
「学園社会主義革命短編小説」が
できちゃったんで、
ひとりだけど、「分派独立だ!」と
ここを、
「練馬にでっちあげた、掘っ立て小屋」
という位置づけで続けてきました。
…それが、ここの前身になります、
『「星空の涙」練馬臨時政府』

ところが。
しらけ鳥飛んで行く
南の空へ みじめ みじめ
…違うっ!
お客様にいらっしゃって頂けなくて、ですね。
『何が、悪いのかしらね…』
ふと思いました。
『看板…ブログ名が悪いんじゃないの?』
何かこう、親しみやすくは、ないよね、と。
ない頭をふり絞りまして、
思いついたブログ名が、現在の
『星のかけらの宝箱』です。
これには、特に由来などはないです。
あるとすれば、『語感』だけです。
…ブログ名が、柊あおい先生の
少女漫画と、似ている気がする…
というのは、『気のせい』です!!
『偶然の一致』です!!
…本当に、偶然似てしまったのです…

既に、書いている本人ですら、
「よーわからん!」状態なので、
「好きな時に、好きなことを、
 好きなように書く!」ことが、
運営方針です。

ま、おきらく、ごくらく☆

ウチのギャグは、
『極端に古く、しかも偏っています…』

livedoorブログで、
スマホの方には、
「誰…?」という
状態でした。

氷室朱実(ひむろあけみ)です。
もちろん本名じゃありません。
MtX「かつ」アセクシュアルという、
めんどっちーセクシュアリティで
ございます。

中身は、ハゲのおっさんです。

まー、いい機会だから、
自分語り、するかー。
思い出せるのは、幼稚園まで。
鮮明に覚えてるのは、
「女の子とたちと一緒に
 先生の髪を編ませてもらった」
小学校二年ごろから?
「なんで髪の毛伸ばしたり、
 スカートはいたりできないんだろ?」
とは、思うようになった。
小学校高学年から、
「ふっきれて」来て、
小学校五年では堂々と手芸部入った。
唯一の「男子部員」だけど、
特に、何も言われず。
小学校六年の鼓笛隊では、
「ベルリラ」志望して、
先生から「ごめんねぇ」ということで、
シンバル担当に。
ただ、あたしは「楽譜が読めた」ので、
「ちぇ」と、半ば腹いせで
「自分で楽譜読んで練習していた」
…それが先生には「努力している」と
映ったらしく、すごく評価された。
女子とは、基本「仲良く」なるので、
高学年では、「下の名前」で呼ばれてた。

中学校は、学区の都合で、
ほぼ、人間関係つくりなおし、
だったんだけど、
…なにごともなく。
席に遊びに来るのは、男女半々、
そんな感じ。
理由は自分でもわかんないんだけど、
「そろそろ許されるだろう」という
謎の理由により、
「赤いアクリルのペンケース」
使うようになった。
…蓋が開きやすいという理由により、
「髪留めのゴム」で巻いてた。
女子から「カワイイ」と評判。

とある都立高行って、
吹奏楽部へ行ったところ、
「部が崩壊しかかって」いて、
一年生での管楽器志望は
「あたしだけ」なので、
「楽器、どれでも好きに選んで!」
なんとなく、フルートに。
その時は、「知らなかった」んだって!
共学校の吹奏楽部のフルートは、
「普通女子」だってことを!
一年後半になると、
なにしろ管楽器奏者自体がいないので、
「メンテしないと、
 来年の新入部員が迎えられない!」と
木管・金管、ひととおり
定期的にメンテした。
グリスアップとかオイル差しとか。
ついでに「吹いてみた」ので、
ダブルリード(オーボエとか)以外は
「吹き方は知っている」という感じ。
二年生になって、
死ぬ気で一年生を「釣った」ので、
…なんとか、部の崩壊を免れたって感じ。

専門学校入って、
ユーザ系の中小SIer行って、
…メンタル壊して「やめて」
ユーザサポート行って、
…メンタル壊して「やめて」

今年の春から。
とある金融機関の本社勤務です。

座右の銘!
「てきとう!いーかんじ!」

よろしくお願いします(ぺこり)

このページのトップヘ